2008.12.10

入院

ええっと、久しぶりの更新です。

実は先月半ば頃入院してました。30歳をこえているのに、喘息なんてものになり、自力で救急車を呼んで即入院決定。祝・初入院。

先月中は、薬を飲まない日が一日もない状態でした…。出費が…。


まあぼちぼち復活します。



<喘息男子のここ4ヶ月で読んだ本>
『向田邦子と昭和の東京』(川本三郎/新潮新書)
『貧乏は正しい! ぼくらの資本論』(橋本治/小学館文庫)
『1984年』(ジョージ・オーウェル/ハヤカワ文庫)
『新東京物語 異都発掘』(荒俣宏/集英社文庫)
『おとこごろし』(高橋鐵/河出文庫)
『大いなる看取り 山谷のホスピスで生きる人びと』(中村智志/新潮社)
『素人の乱』(松本哉・二木信<編>/河出書房新社)
『食人国旅行記』(マルキ・ド・サド、澁澤龍彦訳/河出文庫)
『天理と山の辺の道』(大浜厳比古、松尾のぼる/カラーブックス)
『糞尿タン』(松沢呉一/青林堂)
『地下鉄の友』(泉麻人/講談社文庫)
『地下街の人びと』(J・ケルアック/新潮文庫)
『最暗黒の東京』(松原岩五郎/岩波文庫)
『古本的』(坪内祐三/毎日新聞社)
『動物農場』(ジョージ・オーウェル/角川文庫)
『「谷根千」の冒険』(森まゆみ/ちくま文庫)
『昭和電車少年』(実相寺昭雄/ちくま文庫
『戦後SFマンガ史』(米沢嘉博/ちくま文庫)
『檸檬・城のある町にて』(梶井基次郎/角川文庫)
『電気グルーブのメロン牧場−花嫁は死神』(電気グルーブ/ロッキング・オン)
『乙女島のおとめ』(田中小実昌/集英社文庫)
『グランド・フィナーレ』(阿部和重/講談社文庫)



うわっ、少なっ…。まあいろいろあってこんなもんです。
posted by nz00 at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | blau
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。