2008.08.28

灼熱の恐怖(予感)

8月某日(水)

渋滞を抜けた頃に少しだけ眠りにつく(というかつけた)。


目を覚ますとようやく三重に既に入ったようだ。日も少し出ている。
携帯で現在地を確認。現在6時。
京都に8時には着かんとちょっとまずい…。

京都では友人宅に泊まる予定なのだが、友人はお盆休みではなく、彼の出勤前に鍵を預かって家に荷物を置かせてもらい、できればそこで仮眠…と予定を立てていた。
最悪の事態を考えて一応メールしておく(昼休みにでも会社に行って鍵を借りればと思って)。

7時頃に甲賀インター着。添乗員の案内だと8時には着くそうだ。少しほっとする。空は出発の時とはうって変わって快晴。しかしこんなに晴れてると暑さが気になって来る。東京に出る前にテレビで週間予報だと京都は関東プラス3度の気温と予想していた。暑さに弱い、しかも足で京都を歩くつもりだった自分には相当キツイ。



8時ちょうどくらい京都駅着。事前ではバスで彼の家まで行く予定だったが、バスの所要時間を考えるといささかキツイので、地下鉄で家の最寄駅にて待ち合わせることに。すぐに電話して地下鉄乗り場までナビしてもらう。


8時20分、丸太町駅。近くのマクド(←あえて関西の略し方で)にて待ちあわせ。数分後おちあい鍵を借りる。家の場所を案内してもらってから、マクドを出て京都御所沿いを歩いて河原町通りへ。


京都御所の周りには日陰が全くなく、この時点で既に疲労もかなり…特に足に来ている。
空を見て今日一日のことを考えるとうんざり。
京都には3日しかいれないので、出来れば仮眠も無しで
出かけたいのだが耐えられるのだろうか?

(続く)


posted by nz00 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | rot


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/105644536
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。